Top > 技術の窓 > まちづくりは人づくり(第1回)

まちづくりは人づくり


 現在、我国の市街地(人口集中地区:DID)の約3分の1相当が区画整理事業対称で都市基盤の整備がなされております。
 それは農地整備や震災復興、戦災復興などを契機として行われてきました。区画整理事業が行われていない多くの地域では道路、公園などの公共施設が未 整備 なため土地の有効利用ができないばかりでなく地震、火災などの災害に対して脆弱なまちなみになっています。
 渋谷や池袋などで戦災復興、都市改造区画整理区域から外れた地域の住民の方から「今から事業が出来ないだろうか」と相談を受けることがあります。しか し、そこはすでに建築率が70%〜80%と進行しているため事業は困難な状況です。

 区画整理は土地が縮小し、建物が移転するという大変な負担を伴うため関係権利者の賛同を得ることは容易ではありません。しかし、整備 を行った地域で 後年「事業をやっておいてよかった」との声は常々耳にしますが悔いの言葉は寡聞です。

 往昔 魚や野菜、豆腐を自転車で路地ごとに売りに来ましたし、誰も寄り付かない田畑荒地山林に住家が建ち、人々の集いができ、現在は 生活様式が一変しました。将来に備えいまのうちに外科的手術を施し 子孫に誇れる安心、安全なまちの骨格を築きあげる必要があると思います。

...To be continued